身近な自然と科学

ホーム

頭痛が起きる病気

蚊に刺された後 3〜7日後(最長14日)に頭痛と発熱が起きたときは、デング熱も疑ってください。
⇒発熱と病気

頭痛は脳が発する痛みでは無い

頭には脳という最も重要な器官が入っていますが、脳の実質部分には痛みを感じる感覚器はありません。
頭の痛みは、硬膜(脳を覆い、頭蓋骨と接している膜)、 硬膜動脈、脳動脈、脳静脈、脳静脈洞(静脈が集まって脳から出る部分)などにある感覚器から発します。
そして、大脳を覆っている部分(テント上)の痛みは三叉神経へ、 小脳や脳幹を覆っている部分(テント下)の痛みは舌喉・迷走・上位顎の神経に伝わります。

私たちが日常感じる頭痛の多くは命に関わるものではありませんが、 重篤な病気の疑いがある場合には、医療機関で頭部のCT(エックス線を用いたコンピューター断層撮影)、 MRI(磁気共鳴画像)、MRA(MRIで得た画像から血管だけを抜き出した画像)で診断してもらう必要があります。


頭痛の症状と疑われる病気


くも膜下出血(蜘蛛膜下出血)の疑い
⇒ くも膜下出血を参照

⇒ 脳出血、脳腫瘍、脳膿瘍の疑い
血腫、腫瘍、膿瘍の大きさと、これらは出来た部位によって症状が異なります。大きさが小さいときは頭痛は起きません
⇒ 突発性頭蓋内圧亢進症の疑い
ただし、脳腫瘍などの病気で頭蓋内の圧力が上がっていることがあるので注意が必要です
⇒ 慢性硬膜下出血の疑いがある
硬膜は脳を包んでいる三層からなる髄膜の一番外側の膜で、硬膜下出血は次のくも膜との間に出血するもので、 頭部に外傷を負いやすい子供や高齢者、飲酒者に多い病気です
⇒ 静脈洞血栓症の疑い
静脈洞血栓症では頭痛を訴えるものが最も多いです。
静脈洞が血栓で詰まると、脳から流れ込む静脈血が滞るので頭蓋内の圧力が増して頭が痛くなります。
原因には、感染症、妊娠や薬剤服用などの非感染のもの、原因不明の突発的なものがあります
⇒ 髄膜炎、脳炎の疑いがある
⇒ 髄膜炎
細菌性髄膜炎では多くの場合に意識障害も併発します
髄液内の細菌検査をすると細菌性かどうかが判明します
⇒ 高血圧性脳症の疑いがある
拡張期血圧(下の血圧)が120〜140mHg、収縮期血圧(上の血圧)が220〜250mHgのときに発症する可能性が高いです
⇒ 低髄液圧症候群の疑いがある
多くは髄液検査後に発症しますが、突発的に発症することがあります
⇒ 偏頭痛の疑いがある(女性に多い)
⇒ 偏頭痛の症状と発症する理由を参照
⇒ 緊張型頭痛の疑いがある
⇒ 緊張型頭痛の症状と発症する理由
⇒ 後頭神経痛の疑いがある
⇒ 後頭神経痛を参照
⇒ 側頭動脈炎の疑いがある(高齢女性の多い)
⇒ 帯状疱疹の疑いがある
⇒ 帯状疱疹を参照
⇒ 群発頭痛の疑いがある(若い男性に多い)
群発頭痛の多くは同じ側で繰り返して起き、50〜60代になると治まります。
⇒ 群発頭痛の症状と発症する理由を参照
⇒ 三叉神経痛の疑いがある
⇒ 三叉神経痛
⇒ 緑内障の疑いがある
⇒ 緑内障を参照
⇒ 副鼻腔炎の疑いがある





⇒ 身近な自然と科学サイトマップ

プライバシーポリシー