身近な自然と科学

ホーム

病気と症状の知識 ⇒

神経痛に効く身近な薬用植物

イノコズチ

若葉をよく洗って日干しにしてふりかけに入れて食べる。
または5,6分茹でてから水に5分間ほどさらしてお浸しで食べる。

三日ほど日干しにした葉50〜80グラムを布袋に入れて入浴剤とする

秋冬に根を採取して入浴剤にする。
中国産のヒナタイノコズチ、トウイノコズチの太い根を硫黄でくすべて乾燥させたものを生薬:牛膝(ごしつ)と言い、漢方薬店で入手できる。
日本の日陰に普通に生えているイノコズチは根が太くならないので漢方ではあまり用いられない。

アロエ

採取時期:必要時

利用法:葉をすりおろして布に広げ、患部に貼る

イチジク

利用部位:葉
採取時期:実が熟す頃

調製
葉を日干しにする・・・無花葉

果実の半割を日干し・・・生薬名:無花果(むかか)
葉の日干し・・・生薬名:無花葉(むかよう)

利用法:無花葉を入浴剤にする

月桂樹

利用部位:葉
採取時期:8月

調製
葉を陰干し・・・月桂葉
生薬名:月桂葉(げっけいよう)

利用法
月桂葉2−3グラムを1回量として煎じて飲む

大根

採取時期
葉・・・10−12月

調製
葉を日干しにする・・・干葉(ひば)

利用法
干葉を2にぎりほど布袋に入れ、入浴剤とする

ヨモギ

利用部位:葉
採取時期:6−7月

調製
葉を日干しにする
これを生薬名 艾葉(がいよう)と言います

利用法
入浴剤として、水のうちから入れておく。
艾葉200−300グラム、または生の葉600−1000グラム

ワサビ

利用部位:根茎
採取時期:秋から冬
市販品を利用してもよい

利用法
根茎をすりおろし、ガーゼに延ばして患部に当てる
10−20分でとること。
肌の弱い人やかぶれやすい人は注意




プライバシーポリシー