身近な自然と科学

ホーム

病気と症状の知識 ⇒

乳幼児の自家中毒(周期性嘔吐症)に効く身近なもの

自家中毒(周期性嘔吐症)の発症年齢は2〜10歳ぐらい。
急に食欲が無くなり、ぐったりする。
嘔吐の回数が増えると、黄色の胆汁や黒い血液を吐くことがある。
嘔吐物は甘酸っぱい。

下記の方法を実際に試される場合は薬剤師に相談されるか、少量から始めて様子をみてください

発作が発作が起きそうなときには、氷砂糖をなめさせる(民間療法)

発作が起きてしまったら、桜の葉5枚を細かく刻んで300ccの水で半量になるまで煮出し、1日4回に分けて飲ませる(民間療法)





プライバシーポリシー