身近な自然と科学

ホーム

病気と症状の知識 ⇒

乳幼児のひきつけ(熱性痙攣)に効く身近な薬用植物

実際に試される場合は薬剤師に相談されるか、少量から始めて様子をみてください

ユキノシタの生葉の絞り汁


ユキノシタ科 常緑多年草 本州から九州の湿っぽい所に自生する
5から7月、高さ20〜40cmの花茎を出し、多数の花を横向きに咲かせる
花弁は5枚で、上の3枚は小型、下の2枚は大きく長さ1〜2cm

利用法
葉2,3枚を塩で揉み、その絞り汁を5,6滴飲ませる(民間療法)

にんにくと生姜の絞り汁

食用の「にんにく」と「生姜」です

意識回復や痙攣軽減に効果的です

利用法
にんにくとその3分の1量の生姜を絞った汁に少量のハチミツを混ぜたものを数滴口に垂らすか、ガーゼに浸し、それを口に含ませる(民間療法)




プライバシーポリシー