気になる病気の自己診断 病状を改善する栄養素 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 自由研究

ホーム 身近な薬用植物

身近な薬用植物(更年期障害)

体力が無いとき
サフラン酒を飲む。
乾燥したサフランの花10グラムを、ホワイトリカー(35度)1.8リットルに浸ける。甘味が欲しいときには蜂蜜をカップ2分の1入れる。(民間療法)

精神が不安定、肩凝り、胃弱のとき
ハブ茶(20グラム)、ゲンノショウコウ(20グラム)、皮付き桑の枝(20グラム)を合わせて700ccの水で半量になるまで煎じ、この量を1日量として3回に分け、毎食前30分前に服用する。
3〜4ヶ月間服用。(民間療法)


漢方薬

喉に不快感があり、気分がイライラするとき
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

頭痛・悪寒・胸焼け・気分がイライラするとき
柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)

赤ら顔、腹部の膨張感、のぼせ、肩凝り
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

顔がほてる、足腰の冷え、腹痛、めまい、肩凝り
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

気分のイライラ、手足や顔がほてる、頭痛、めまい、不眠、食欲不振
加味逍遥散(かみしょうようさん)

めまい、動機、のぼせ
苓桂朮甘湯(りゅうけいじゅつかんとう)




プライバシーポリシー