身近な自然と科学

ホーム

病気と症状の知識 ⇒

痔に効く身近な薬用植物

イチジク

葉の日干し:生薬名:無花果葉(むかかよう)

利用部位:葉

採取時期:果実の採れる頃

調製:葉を日干しにする(無花果葉)

利用法:無花果葉を入浴剤とする
生葉汁をつけるとかぶれるおそれがあります
無花果の実は便通を良くする効果があるので実を食べるのも痔には効果があります。

ウコン

根の日干し:生薬名:う金(うこん)
沖縄、鹿児島南部には自生し、スーパーや園芸店で売っていることがあります。

利用部位:根茎

調製:生で使用

利用法:根茎をすりおろし、汁を患部につける。
痔による出血止め、痛み止めになる

利用部位:渋柿の未熟な果実

調製:柿渋としてヘタをとり、すりつぶし、その汁を布で濾し、瓶に詰め、ふたをして6−12ヶ月冷暗所におく

利用法:柿渋さかずき1杯にミョウバン3グラムを加え、脱脂綿に含ませ、患部につける

ヘビイチゴ

全草の日干し:生薬名:蛇苺(じゃも)

上の写真は、ヘビイチゴの赤熟した実
実の直径は5−10ミリ
有毒と思われていますが、無毒です。ただ、スポンジを食べているようで不味いです。

利用部位:全草

採取時期:4−6月開花期

調製:全草を日干しにする(蛇苺)

利用法:蛇苺5−10グラムを煎じた液で、患部を洗う

ヨモギ

葉の日干し:生薬名:艾葉(がいよう)

利用部位:葉

採取時期:6−7月
ヨモギの葉は、トリカブトの若い葉っぱが似ているので採取時には注意(ヨモギの葉は揉むと香る)

調製<:葉を手早く乾燥させる(艾葉)

利用法:入浴剤として、水のうちから入れておく。艾葉200−300グラム、または生の葉600−1000グラム
痔による痛みが和らぎます。

オナモミ


全体に棘があり、1センチほどの長楕円形の実、子供の頃、友達の衣類に付けて遊んだ、というと、知っている人も多いと思います。
大きな葉で1年草。高さ1メートルほど。
植物全体に短毛があります。

利用部位:葉

採取時期:5−6月

調製:若い葉を陰干し

利用法:葉の粉末を、1回に3−5グラム白湯で飲む
痔の民間薬で服用は珍しいです

ユキノシタ

5月頃、花茎を伸ばして変わった花を咲かせます。若い葉は山菜として天麩羅で食べることが出来ます。

利用部位:葉

利用法:生の葉を火であぶってから揉んで柔らかくして患部に貼ります

アカカタバミ

採取:夏に葉と茎を採取

調製:陰干しにしておく

利用法:濃いカタバミの煎じ液を作り、この液で患部を洗う

カボチャの種子

種子約100グラムに300ミリリットルの水を加え、半量になるまで煮詰め、この煎じ液で日に数回、清潔にした患部に塗る。
カボチャの種子は『新版家庭の医学(主婦の友社)』より




プライバシーポリシー