気になる病気の自己診断病状を改善する栄養素ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

ホーム身近な薬用植物

薬草の煎じ方

煎じる容器
  1. 土瓶、土鍋など陶器製か、耐熱ガラス製のもの
    最も適しています
  2. 琺瑯(ほうろう)製のもの
  3. アルマイト製
  4. 鉄や銅製
    薬草を煎じるには不向きです

薬草の量
通常は、1日量分を煎じます。
冷蔵庫で保存する場合も、作り置きは2日量までとすること

煎じる時の水量
薬草1日量あたり600ミリリットル(CC)

煎じる時の火加減
軽く煮立つ程度
40−50分ぐらいで、液量が半分になるように調節すること

その他の注意
煎じるときには、容器にふたはしない
ふきこばれないようにする
水から煎じる
液量が半分になったら、すぐにガーゼ等で濾す

服用の仕方
温かいものを、1日3回に分け、食前30−60分前に飲む
液が冷えていたら、温めて飲む
昼間飲めない人は、朝と夜2回に分けて飲む
冷蔵庫に入れておいたものをそのまま飲む時には、少しずつゆっくり飲む。
吐血、喀血、鼻血出血、吐き気のある時には、必ず冷やして飲む(温かいと出血を増す可能性がある)
解熱の目的で飲むときには、何回にも分けて飲む。
胃腸が弱くて食前には飲みづらい人は、食後に分けて飲む


スポンサーリンク








プライバシーポリシー