病状を改善する栄養素美味しい調理のコツゴルフのルール種子からの盆栽入門
身近な薬用植物気になる病気の自己診断自然誌自由研究

美容 >

発毛・育毛

抜け毛については昔から色々な治療法が発案されてきましたが、未だに有効な治療法が確立されていません。
女性の場合は大豆の茹で汁で髪や頭皮を洗ったり、椿油が効果がありますが、男性の場合、特に若禿げと言われるものは 遺伝子の影響なので、毛穴の脂をとるとか、毛母細胞に栄養を与えるといったものでは無理なようです。
発毛剤や育毛剤を塗ると、産毛が生えてきますが、産毛か細い毛が数センチ伸びるだけで、悩んでいる者からすればとても満足できるものとは程遠いです。
皮膚病や円形脱毛症の場合は治ることがあります。

今まで、物理的なものでは頭皮をブラシで叩く、頭皮の皮を弛ませるがありました。
が、男性の若禿の場合には下記の方法も気休めです

亜鉛の内服と外用
亜鉛は新陳代謝に関与しています。
ただし、亜鉛は飲みすぎると気持ちが悪くなりますから要注意です。

ブドウの種子の抽出物の外用

桑の根の煎じ液の服用
桑の根は桑白皮(そうはくひ)と呼ばれて、消炎、利尿、穏やかな血圧降下作用があります。漢方薬局で購入できます。
高血圧の治療薬・降圧剤から生まれた発毛剤があるので類似成分が桑白皮に含まれているのでしょうか・・・

レモンやミカンなどの皮を絞ってその汁を外用
かんきつ類に含まれる「レモネン」が有効なようです。
柑橘類から抽出したという育毛剤が市販されていますが、遺伝子の影響が大きい男性の若禿の場合は???です。

納豆と唐辛子を食べる
納豆1パックに唐辛子2グラムぐらいを毎日食べます。
納豆に含まれる女性ホルモン様のイソフラボンと唐辛子に含まれるカプサイシンの相乗効果で発毛するようです。


女性ホルモンの服用
発毛が見られるようですが、女性化現象やホルモンバランスの崩れによる
新たな疾患を誘発するおそれがあります。
男性ホルモンを抑制する前立腺肥大の治療薬にも発毛効果が見られますが


スポンサーリンク









プライバシーポリシー