身近な自然と科学

ホーム

知っておきたい病気と症状の知識 ⇒

体質体型による漢方薬の選び方

痔に効く漢方薬の選び方


  • ( 虚証 )体力が無く、胃腸が弱い。疲れやすい、胃腸が弱い、便秘と下痢を繰り返す、脱肛
    小建中湯 (しょうけんちゅうとう)
    痔の他に、腺病質、神経衰弱、夜尿症、夜泣き、胃下垂、胃アトニーなどに用います。
      
  • ( 虚証 )体力が無く、胃腸が弱い。脱肛
    補中益気湯 (ほちゅうえっきとう)
     
  • ( 虚証 )体力が無く、胃腸が弱い。冷え性、便秘、下痢、めまい
    当帰芍薬散 (とうきしゃくやくさん)
     
  • ( 中間証 )体力は中。脱肛、いぼ痔、切れ痔、便秘がち
    乙字湯 (おつじとう)
    痔による出血、痛みを抑えます。
     
  • ( 中間証 )体力は中。出血が多い。貧血、下腹部を圧すと痛む、下腹部の不快感がある
    きゅう帰膠艾湯 (きゅうききょうがいとう)
    痔の他、血尿などに用います。
     
  • ( 中間証 )体力は中。産後の痔、痣が出来やすい、唇が赤黒い。のぼせ
    桂枝茯苓丸 (けいしぶくりょうがん)
    痔の他、更年期障害などに用います。
     
  • ( 実証 )体力があり、胃腸も丈夫。上腹部が硬い。便秘がある。肛裂
    大柴胡湯 (だいさいことう)
     
  • ( 実証 )体力があり、胃腸も丈夫。上腹部が硬い。便秘がある。出血が多い
    黄蓮解毒湯 (おうれんげどくとう)、 四物湯 (しもつとう)
     
  • ( 実証 )体力があり、胃腸も丈夫。便秘が強い。出血がある
    桃核承気湯 (とうかくじょうきとう)
     
  • ( 実証 )体力があり、胃腸も丈夫。便秘、下腹部を圧すと痛む、下腹部の不快感がある
    大黄牡丹皮湯 (だいおうぼたんぴとう)
      
  • ( 証には関係ない )局所のうっ血と痛みを抑える軟膏
    紫雲膏 (しうんこう)、 甘草湯 (かんぞうとう)
    経口薬と併用して使いますが、単独でも使います。
    痔の他、火傷、しもやけ、湿疹、うおのめ、床ずれなどにも用います




プライバシーポリシー