身近な自然と科学

ホーム

知っておきたい病気と症状の知識 ⇒

体質体型による漢方薬の選び方

更年期障害に効く漢方薬の選び方

  • ( 虚証 )虚弱体質、胃腸が弱い。
    更に貧血・冷え性がある
    当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、温径湯(うんけいとう)
     
  • ( 虚証 )体力が無く、胃腸が弱い。
    更に耳鳴り、目眩、動悸、のぼせなどがある
    半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)、釣藤散(ちょうとうさん)
     
  • ( 虚証 )体力が無く、精神状態が不安定、のぼせ、手足の冷え
    柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)、甘麦大棗湯(かんばくだいそうとう)
     
  • ( 中間証 )体力は普通。精神不安定、不眠
    加味遥散(かみしょうようさん)、抑肝散(よくかんさん)
     
  • ( 実証 )体力あり、胃腸も丈夫。のぼせ、肩こり、下腹部に抵抗感、圧すと痛む
    桂枝茯苓丸 (けいしぶくりょうがん)
     
  • ( 実証 )体力があり、胃腸も丈夫。のぼせ、めまい、抑うつ感
    女神散 (にょしんさん)
      
  • ( 実証 )体力があり、胃腸も丈夫。不眠、口内が粘る、便秘傾向
    柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
     
  • ( 実証 )体力があり、胃腸も丈夫。のぼせが強く、不眠、精神状態が不安定
    温清飲(うんせいいん)
     
  • ( 実証 )体力があり、胃腸も丈夫。便秘、腹部に抵抗感があり、圧すと痛む
    桃核承気湯(とうかくじょうきとう)




プライバシーポリシー