サイトマップ >
病気と症状の知識 ⇒

薬が効くしくみ

ブドウ糖とヒアルロン酸とグルコサミン酸

ヒアルロン酸 グルコサミン酸 は「 ムコ多糖類 」と呼ばれる高分子化合物です。
ムコとは粘々したり弾力性のあるものを言います。
人体内にあるもので弾力があるものと言えば「
コラーゲン 」ですが、コラーゲンはアミノ酸が繊維状に絡まってつくられているタンパク質です。
 
ヒアルロン酸やグルコサミン酸は粘りや弾力のあるので、衝撃をやわらげる目的や
細胞同士を結合するものとして、関節の軟骨や皮膚、眼、脳などに多く存在
しています。

グルコサミン酸は
グルコース(ブドウ糖)のヒドロキシキ基(−OH)がアミノ基(−NH2)に置換したものです。
ヒアルロン酸は、グルコース(ブドウ糖)の −CH2OH を酸化して −COOH
としたグルコロン酸と、グルコロン酸のアミノ基(−NH2)の二つある水素原子の一つをCOOH3に置換したグルコサミン アセチル体が結合したものです。
ややこしいですが、
ヒアルロン酸やグルコサミン酸の元は食物から容易に摂れるブドウ糖やアミノ基
(タンパク質)です。

ミルクしか飲まない乳幼児の肌が柔らかく滑々なのは、ヒアルロン酸やグルコサミン酸の原料が糖とタンパク質という有り触れたものだからでしょう。




プライバシーポリシー