気になる病気の自己診断 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 病状を改善する栄養素

自由研究  ⇒  物理

物質が色を吸収する理由

【黒は色か?】の中で“ 減法混色 ”という色の作り方が出て来ました。
補足しますと、補色関係にある片方の色を吸収させ、もう一方の色に見える関係を使って色を作る方法です。
黄と青は 補色関係 なので適当に混ざっていた場合は白色に見えます。
ここで黄を吸収させれば青に見えるということです。
“減法混色”の代表は絵の具ですが、

さて、次なる難問が出てきました。
絵の具は、なぜ特定の光を吸収するか? です。
ということで、今回の話題は【物質が色を吸収する理由】です。

その前に“光はエネルギーであ る”ということを確認しておいてください。
陽射しのある部屋は暖かい(暑い)という生活実感から納得して戴けると思います。
今回はその事については突っ込みません。
「木を見て森を見ず」ということになってしまいそうですから。
ただ、色によって持っているエネルギーの大きさが違うことを憶えておいてください。
赤色から紫になるにつれて大きなエネルギーを持っています。

さてさて、物質を分解して行くと・・・・原子とその周りにある幾つかの電子になります。
原子を太陽とすれば、電子は水星・金星・地球・・・のような感じです。

それぞれの電子は、固有(注1)の異なるエネルギー値を持っていて、しかも、それぞれの電子は中途半端なエネルギー値を持つことは許されていません(注2)
階段のように、1段目、2段目、3段目・・・・・というように段階的な値しか持てないということです。
アナログでなくてデジタルです。

物質中の電子の中には、自分の居場所から動こうとしない安定な電子とチャンスがあれば他の場所に行きたいと思っている不安定な電子があります。
で、物質に光を当てると・・・最初に触れましたように光はエネルギーですから物質中の電子のエネルギーが増加します。
正確性は欠きますが、電子が日向ぼっこして熱々になったようなものです。
安定な電子は頑固で位置を変えませんが、不安定な電子は光からエネルギーを貰って位置を変えます。
前の段落で説明した階段を昇る訳です(注3)
この時、光エネルギーの一部は電子に移ってしまったのですから、その電子に移ったエネルギーの量に対応した光色が吸収されたということになります。
それで、その吸収された光色の補色関係にある色が浮き出て物質の色に見える訳です。
物質に光を当てるのを止めれば、階段を昇った電子も冷めて身分不相応な場所に居辛くなって元の位置に戻ります。

物質によって色が違って見えるのは、光エネルギーによって動く不安定な電子が違うからです。
例えば・・・・ちょっとエネルギーを貰えば動く電子を持っている物質は赤色光(持っているエネルギー量が少ない)で間に合って赤色光を吸収します。
すると、赤の補色関係にある青緑色に見えます。
不安定な電子が動くためにはもっとエネルギーが要る物質は、紫色光(赤色光よりエネルギーを持っている)を吸収して、その補色関係にある黄色に見えます。

空気中には“窒素”“酸素”等があるのに空気が無色な理由ですが、窒素や酸素にも不安定な電子はあるのですが、吸収する光エネルギーが私たちの見える光の範囲に無いので見えないだけです。

今回は、量子化学の範疇なので、真っ向から取り組んだらかなり難しい事になってしまいます。

注1:エネルギー準位と言われる
注2:量子力学の成果に因る
注3:電子遷移と言われる


スポンサーリンク






スポンサーリンク



プライバシーポリシー