気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

自由研究  ⇒ 動物・昆虫

光に集まる虫を捕まえる

小中学生自由研究のテーマ

多くの昆虫は光源に向かって飛んできます。特に人間の眼には見えない紫外線が好きです。紫外線というのは紫より波長の短い光で人間には見えません。
本格的に光を使って虫を集めようとすると、紫外線が多く出す専用電球か水銀灯、家から離れた所でするなら、キャンプや屋外作業などで使う移動用発電機が必要です。

でも、夏の夜、窓を開けて置くと虫が入ってきてしまうように、普通の電球でも集められます。
簡単に実験するには、光源として明るい懐中電灯を使います。
光の色によって集まる虫が変わるか
調べるには、懐中電灯の光の出る部分に色つきのセロファン紙、または色つきの薄いビニールをかぶせます。

本格的にするには、光源として家庭用100ボルト電灯線(家庭に来ている電気)用の照明器具(屋外用ライト、白熱球スタンド等)を使い、電球に色つき電球を使います。

注意1:集まって来る虫の中には、猛毒(モウドク)を持った蜂(ハチ)、蛾(ガ)などがいる場合もあるので、帽子、手袋、長袖、長ズボン等の 服装にし、知らない虫を手に取ったりしないこと。
また、一人では絶対にしないこと。

注意2:100ボルトの電源を使う場合には、点灯していた電球を素手でさわらないこと。やけどの危険があります。
また、感電、火災の危険もありますので、大人の方に付き添ってもらうこと。
特に光の色を変えるために電球に色セロファンやビニールをかぶせると、熱で燃え出すので注意してください。


スポンサーリンク






スポンサーリンク



プライバシーポリシー