気になる病気の自己診断 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 病状を改善する栄養素

自由研究  ⇒  化学

においの原因は分子

嗅覚で感じる「におい」は、匂いだと良いですが、臭いだと嫌ですね。
ご存知のとおり、良いにおいは「匂い」で、悪いにおいは「臭い」です。

においは分子が嗅覚細胞の受容体に飛び込むことで感じます。
分子はエネルギーをたくさん持っている方が活発に動くので、温度が高い分子ほど空中を飛び回ります。
それで、調理中の方がよく匂い、冷めた料理からはあまり匂いがしないのです。
そして、分子の種類ごとににおいを感じる受容体があって、この分子はこの「におい」と人間側が勝手に決めています。
りんごのような甘酸っぱい匂いのするハーブや、化学薬品があるのも、人間が誤魔化されているわけです。

においの元は分子ですから,、 分子が飛び出さない物にはにおいがありません。
鉄のような金属は原子が自由に動き回れる電子を仲立ちにして結合している金属結合です。
金属結合の力も強いものです。
ですから、金属はにおいません。研ぎたての包丁は鉄臭がすると言いますが、研いで現れた鉄が食材の成分と反応して、臭いの元になる分子が生まれたのです。
塩のように溶媒(たとえば水)に溶けるものはプラスの電気を帯びた原子(イオン)とマイナスの電気を帯びた原子(イオン)が電気的な力で引き合って結合しています。
これは、クーロン力と呼ばれ、強いものです。
ところが、分子になっているものは、分子と隣の分子の間は、 分子間力と呼ばれる弱い力 で引き合っているだけです。
それで、熱などで容易に離れて空中を飛び回り、私たちの嗅覚細胞に飛び込んでにおいとして感じさせます。

私たちは全ての分子を「におい」として感じるわけではありません。
たとえば、空気を構成している窒素や酸素はにおいとして感じません。
空気のにおいを感じる必要がないから感じないのでしょうけど、中毒を起こすような気体や動植物でも臭いをかんじないものが多いのは困ったものです。

消臭するには、炭(木炭や活性炭)のように臭いの元になる分子を吸着してしまう方法と、良い匂いで嫌な臭いを感じさせなくする方法があります。




プライバシーポリシー