気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

自由研究  ⇒ 環境

硬水と軟水

水には、硬い水と軟らかい水があります。
これを「硬水(こうすい)」と「軟水(なんすい)」と言います。
もちろん、触って硬いとか軟らかいというわけではありません。
飲んでみると違いは分かります。

硬水は、苦いような、尖った感じがします。
軟水は、まろやかな感じがします。
硬水には、マグネシウム塩やカルシウム塩という物質が多く溶けています。

なぜこれらの物質が水に含まれているか?
水は雨によって地上にもたらされます。

  • 1、太陽の熱によって海の水が温められ蒸発します。
    海水には塩やマグネシウム、カルシウムなど、たくさんの物質が溶け込んでいますが蒸発するのは水だけです
  • 2、蒸発した水は水蒸気となり、上昇気流によって空高く昇っていきます。
    太陽によって空気も温められ、温かくなった空気は上に行くので、水蒸気も一緒に昇るわけですね
  • 3、空の上の方は氷点下の気温です。
    熱は宇宙に逃げてしまうし、空気は薄く、地面から離れているので、太陽から降り注ぐ熱を受け止めるものがないので温まらないのです。
    海から昇った水蒸気は氷点下の世界で氷の粒になります。これが雲です。
  • 4、雲を作っている小さな氷の粒がくっ付き合うと、大きな氷の粒になります。
    大きくなって重くなると、空気の流れに乗れなくなって落ちてしまいます。
    落ちる途中、地面に近づくと気温が高くなるので氷の粒は融けて雨になります。
  • 5、雨は陸地や海に落ちますが、陸地に落ちた雨は山の岩石にしみ込み、地中を流れ(地下水)、河になって海に行きます。

    水にマグネシウム塩やカルシウム塩が溶け込んで硬水になるか分かりましたか?
    そう、雨水が岩石にしみ込んだり地中を通っている間に岩石などに含まれている色々な物質が溶け込むのです。

    日本は島国で狭く、山から海までの距離が短いので降った雨は直ぐに海に注ぐため、岩石や土中に含まれる物質が水に溶け込む時間が短く軟水が多いのです。
    大きな大陸にある外国では、雨が降ってから海に到達すまでの時間が長いため、水に多くの物質が溶け込み硬水が多い。

    amazon.co.jp⇒水質検査

自由研究のテーマ

  • 日本は軟水が多いですが硬水の所もあります。その地域を探し、なぜその地域が硬水なのか調べる。
  • 硬水は洗剤を入れると、カルシウム塩やマグネシウム塩を生じて洗濯に適しません。硬水で洗濯するための方法を考える
  • 硬水は日本料理には向きません。硬水と軟水に適した料理を調べたり、工夫する


スポンサーリンク






スポンサーリンク



プライバシーポリシー