気になる病気の自己診断 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 病状を改善する栄養素

自由研究  ⇒  植物

水耕栽培の実験

数日前の朝、NHKテレビで自宅で出来る水耕栽培を話題にしていました。
番組で紹介していた水耕栽培セットはインテリア性を重んじているからか高価でしたが、昔、学校の実験室で蛍光管とエアーポンプを使って籾から芽を出させているのを見たのを思い出しました。


蛍光管は20Wの直管で、金具が付いている両端を切り落とします。
切る方法は金属のヤスリで少しずつ傷をつけて最後は割るようにして切るのですが、蛍光管の中には有毒な水銀が含まれているので蛍光管はお勧めしません。
ホームセンターなどで透明なアクリルの筒が売られているのでこれを利用する方が簡単ですし、割れないので取り扱いが簡単です。

筒の一方をゴム栓で塞ぎ、筒の底とし、ゴム栓の中央から観賞魚を飼うときに使う「気泡を出すもの」をつけ て、観賞魚用のエアーポンプ(500円ぐらい)で空気を送り込みます。
エアーポンプで水中に空気を送るのは、種から芽が出るときに酸素を必要とするからで、ポンプで空気を送り込まないと水中の酸素が消費し尽くされて種が死んでしまいます。
私が見たときには籾から数ミリの芽が出ていましたが、種は籾でなくても、色々な植物の種で実験できます

上記のような面倒な事をしなくても皿のような浅い容器に、脱脂綿やスポンジ、或いは水分を吸収しやすい紙などを敷いて水を含ませ、種が乾かないように水の量を調節し続ければ芽を出させるのは簡単です。

芽や根が出てきたら水耕栽培で大きくしたいですが、それには根の役割を考える必要があります。
根は植物が倒れたり風で飛ばされないように支え、水分と肥料分、酸素を吸収します。
土はこの全ての役割を簡単に果たしていますが、水耕栽培の場合は、植物体を支えるにはスポンジのように根が張りやすいものに種を植え付けてこのスポンジを水耕差倍の容器で支えるようにするか、植物の茎部分を紐で水耕栽培の容器に結わえて支えます。


水分はもちろん水の中に根を入れて吸収させます。
肥料は水耕栽培用に市販されているものを使うのが良いですが、観葉植物用の水で薄めて使う肥料をほんの少し入れます。
水耕栽培は植木鉢での栽培と異なり、水やりの度に肥料分が流れ出てしまうことが無いので、少しの肥料分で十分です。多すぎると根が腐ってしまいます。

忘れがちなのが根からの酸素の供給ですが、これには蛍光管を使ったときと同じように鑑賞魚飼育用のエアーポンプを使うのが簡単です。

色々考えると一番簡単なのは観賞魚の飼育セットで、魚を買うときのようにろ過器を付けると水が腐敗するのが防げます。
肥料を与えなければ魚も買えるかも知れませんが、金魚は根を食べてしまうので気をつけた方がいいです。
(自然界と同じように魚の糞などが肥料になります)




プライバシーポリシー