気になる病気の自己診断 身近な薬用植物 ゴルフのルール 種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方 美味しい調理のコツ 自然誌 病状を改善する栄養素

ホーム > 自由研究

パソコンでTSファイルの5.1ch音楽を再生する方法

地デジやBSデジタル放送を録画して抜き出したTSファイルは、2時間弱の番組でも20Gという恐ろしい大きさになっています。
ハードディスクに保存する場合は、MP4ファイルに変換してファイルの大きさを10分の1ぐらいの大きさにします。 流し見するようなドラマなら映像サイズを1280*720にしてしまえば、元TSファイルの数十分の1に出来ます。
これらのファイル変換には XMedia Recode というフリーソフトが便利です。
ただ、XMedia Recode は編集が出来ないので、不必要な部分を除くには XMedia Recode で変換してから Avidemux というフリーソフトを使っています。

本題のTSファイルの5.1chを聴く方法ですが、TVTestに再生用のプラグインTvtPlay を入れて、S/PDIFから出力してアンプに繋げれば良いのですが、TSファイルは大きいので
映像付きサラウンド再生ならば、XMedia Recode で 形式をMatroska(mkv)にして音声トラックの6chを選んで変換すれば、VLC media player でサラウンド再生できる映像付きサラウンドファイルが出来ます。

サラウンド音声だけで映像が要らないなら、XMedia Recode で 形式を AC3 にして変換すれば、VLC media player でサラウンド音声が再生できるファイルが出来上がります。
この変換は短時間で出来る上に、昔々のEeePCというネットブックパソコンでもサラウンド音声再生時のCPU使用率10%前後という非常に軽いものが作れます
DTS形式にしてもサラウンド音声ファイルが出来ますが、AC3の3倍ぐらい大きな容量になります

パソコンにHDMIや光出力が無い場合は、USBからHDMIや光出力に変換できるものを接続します。
USB3が付いているパソコンならHDMIは付いていると思うので、HDMIポートを増設したい場合以外は必要ないとは思いますが

TSファイルの抜き出し方は、抜き出せるテレビチューナーが市販されています
ただし、アンテナと電源を接続して直ぐに見られるものではありません、使えるようにするには自分で入れるソフトをネット上から拾ってくる必要があります





プライバシーポリシー