身近な自然と科学

⇒ ホーム(他の記事) 自由研究・科学系記事 ⇒

小型水槽では錦鯉は飼えないか

数日前に降った雪が畑や道端に残っている寒い日(2018/02/03)、錦鯉の稚魚が「道の駅」で10匹袋入りで売られていたので買ってきました。
道の駅で袋入りで売られていた錦鯉の稚魚の写真
池はもちろんのこと大きな水槽も無いのに鯉を買ってどうするのでしょう・・・
と、私自身思うのですが、年甲斐も無く「鯉の滝登り」や「鯉のぼり」といった上昇運への憧れかも知れません。

「鯉の滝登り」は鯉が黄河にある竜門の急流を登って竜になるという伝説から来ているので、鯉は急流を好むという印象を抱かせますが、 野生の鯉は泥臭くて食べられない、と言われることから解るように自然界では水流が穏やかで水底には土が溜まっているような所に生息しています。 そして、水温が10度前後より低い期間は餌も食べずに水底でじっとしています。
このような鯉が滝を登って竜になるというのも、目立たない人でも試験に通れば出世出来るいう願望かも知れません。

さて、購入した鯉は手許にあった幅40cm水槽に6匹放しました。
小型水槽に放した鯉の稚魚の写真
水槽内の飼育水を濾過するフィルターは、GEXの商品名「サイレントフロースリム」というモーターで水槽下部の水を汲み上げて濾過剤を通して水槽に戻す方式です。
鯉は水底が好きで、また水深があると大きくなると聞いたので水は少なくしました。濾過器から出る水が落ちて滝の様になるので空気中の酸素が水に溶け込むのを期待しています。
GEX「サイレントフロースリム」の稼働中の写真
小型水槽で多数の魚を飼うときは底面濾過式がよいのですが、砂を入れるので水槽全体が重くなって設置場所に困りますし、底面濾過式のメンテナンスはけっこう面倒なものなので、冬季は餌を食べないこともあって濾過は手抜きです。

⇒観賞魚用底面濾過装置の仕組み

水温が12度ぐらいのときは餌を少し食べましたが、水温が8度台になると濾過器が作る水流に逆らって泳ぐだけで、濾過を止めて水流が無くなると水槽の底でじっとしています。
眠たい子を無理やり起こして可哀想なので濾過器を止めておくことしました。
水温が低い間は餌を食べても上げない方がよいということなので、餌やりも止めておきます。

錦鯉の養魚場の看板が目に入ったので覗いてみました。
川の傍に露天の大きな池が幾つもあり、店舗内には生簀があって価格で錦鯉が分けられていました。
錦鯉の価格というと100万円単位が話題になりますが、一般の人が覗くようなところには数千円から数万円しか泳いでいませんでした。
錦鯉は上から見て対称の模様で色鮮やかのものが高価らしいのですが、素人目にも目を惹かない模様と体色を持って生まれてきた稚魚は肉食魚の餌等になってしまうのですから哀れです。
といって、自然界でも成魚になる前に殆どが魚や昆虫に捕食されてしまうのですから何が良くて何が悪いのかは判りませんが。

養魚場の人は水槽では大きくならないと言うのですが、鯉は鯉ですからそれなりの大きさにはなるのでしょう。 無謀な試みは解っていますが、水槽で飼い切れないほど大きくなっては困ります。
犬のマルチーズを飼っていた頃、コンテストに出す犬は食事制限をして基準内の大きさに合わせると聞いて何と可哀想なことをと憤り、 と我が家のマルチーズは餌をたくさん上げて基準より大きくなりました。
で、今度は錦鯉は本来小さな水槽で飼う魚では無いのに水槽サイズに収まって大きくなっては困ると言う、我ながら身勝手なものです。

さて、養魚場から人手をあまり介さない魚ほど感染症を持っている確率が低いので、この鯉たちも長生きしてくれると思います。 もっとも、錦鯉の寿命は軽く4,50年は越えると言いますから長寿でも困ってしまいますね。


スポンサーリンク

(2018/02/22)まったく餌を与えないのは可哀想なので、朝、金魚の餌を一つまみ与えました。
すると、糞が濾過器と水槽のガラス内面との隙間に溜まってしまいました。過密飼育なので糞が細菌に分解されるのを待っていられません。 そこで、夜間は濾過器を止めて糞が水槽底に留まるようにし、朝、百円ショップで購入した水換えに使うポンプで水ごと糞を排出して、新しい水を足すことにしました。
百円ショップで購入した水換えポンプの写真
水槽に底砂を入れていないので糞の排出は簡単ですが毎日はやってられません、良い方法は無いか思案中

(2018/03/17)水温が温かくなって来たので餌の食いが良くなり、 また、1,2日かに1回と頻繁に水を替えていても茶ゴケでガラスが曇ってきたので、水槽の掃除屋として売られていた「姫タニシ」を5つ入れてみました。
ヒメタニシは、コケを食べる他、アサリなどの2枚貝と同様に水を吸い込んでプランクトンを捕食するので水が綺麗になり、 卵胎生(親が卵を産み付けるのでは無くて、親から親と形で生まれてくる)なので繁殖管理が楽なのだそうです。
ヒメタニシのデメリットは、屋内の水槽では強い照明でコケやプランクトンの発生を促さないと餌不足で飢え死にするということです。 餓死するほどの大食漢だから水槽の掃除をしてくれるのですが、糞も多くなるのでヒメタニシが多くなると弊害も出てきます。
鯉はタニシが好物だそうですが、まだ、鯉が小さいのでタニシを無視しています。
小さな鯉とヒメタニシの同居の写真

追記(2018/04/10)
小さな鯉が1匹死んでしまいました。時々、水槽の底に身体をこすり付けていたので寄生虫でも付いたのかと気にしてはいたのですが、あっけなかったです。鰓に寄生虫が入ったのかもしれません。
コケ取りに入れていたヒメタニシは水槽から出しました

追記(2018/04/20)
また、小さな鯉が死んでしまいました。前に死んだ鯉より頻繁に身体をこすり付けていましたが。
残ったのは比較的大きな4匹です。この4匹も購入時より落ち着きが無いので寄生虫が付いている可能性があるので、水を全量取り替え、0.5%の塩水になるように食塩を入れ、しばらく断食させて様子をみることします
塩水にするのは、鯉に付いた寄生虫や水カビなどが細胞の内外浸透圧の差で死ぬからです。漬物と同じ原理で、寄生虫などの細胞から水が外ににじみ出て死にます。 浸透圧の差が大きいほど寄生虫には効果がある訳ですが、鯉も塩に強い訳では無いので塩分濃度を高くは出来ません。 メダカ類は汽水でも生息できるので塩水治療は効果的ですが、弱った魚の場合は塩水は寿命を縮めることがあります。
(2018/04/21)0.5%塩水の効果か、落ち着きが無かった鯉が幾らか静かになりました。鯉が弱ったのでなければ良いのですが

(2018/04/27)毎日半分以上を0.5%塩水で入れ替えたのですが、赤色系の鯉が水カビ病で死にました。死んだ3匹は全て赤色系で、残っているのは全身白っぽいのと黄色っぽいのです。
黄色っぽい1匹は死魚が出る前から時折身体を水槽の底にこすり付けていたのですが、酷くなった様子がありません。当然ですが、生まれたときから病気に強い弱いがあるようです。
鯉のように寿命が長い魚はあるていど大きくなったものを購入した方が死なれないで済むかも知れません。何処にでも生息しているような水カビや寄生虫などは生命力が強い個体を選ぶしか方法がありません。
徐々に塩分濃度を下げることにしました

(2018/05/04)水温が高くなるにつれて水が汚れてきたので、外部式フィルター(エーハイム2211)を入れてみました。
アマゾンで 外部フィルター
エーハイムの外部パワーフィルターを入れた水槽
外部濾過器から出た水を水槽に戻すときに空気に触れた方が溶存酸素量が増えると思い、水の出口を水面よりかなり上にしたので噴水のように水音が煩いこと。
エアレーション(ぶくぶく)もしていますが、機器の作動音が煩いのはエアレーション用のポンプの方です

(2018/05/12)鯉と言っても金魚並みの大きさなので金魚の餌を上げていますが、食べるだけ上げていると水が汚れます。その上、鯉は水底を泳ぐので沈んでいた糞が舞い上がって汚れが目立ちます。
時間があるときは朝夕百円ショップの水換えホースで糞を吸い取って水を足しています。鯉は汚い水でも棲めるので鯉が泳いでいる川の水質が良いとは限らないらしいですが、金魚並みの大きさの鯉でもその片鱗を感じさせます。
餌によって来た水槽飼育の鯉
2018年5月12日撮影

(2018/05/24)
鯉がひと回り大きくなったこともあり餌をたくさん食べるようになり、それにつれて水が汚れて来ました。 音を立てるほど水槽のガラスにぶつかっていることもあり、小さな池のボウフラ退治に欲しいという方に上げてしまいました。
水槽飼育の鯉
水槽飼育では餌の量を制限して大きくならないようにする「しめ飼い」をするようですが、池と違って四六時中視野に入る魚に餌を与えないのは可哀想です。毎日の水換えも現実的では無いです。





プライバシーポリシー